海宝山 妙乗寺

トップ
お問い合わせ
お問い合わせ電話番号 093-561-5673

新米・坊守さんのつぶやき

2018.02.20 無償の心

〜前回のつぶやきの続きです〜

前回のつぶやきで、「人はお金を支払うという行為をすると、必ず費用対効果を期待する」というお話をしました。
そしてそういう概念が存在しないのが、「仏教の世界」だともお話しました。

皆さんもご存知のように、お寺にももちろん、「お布施」という形でお金のやりとりは存在します。
しかしほとんどの場合は、その額が決まっておらず、全て「お気持ち」ですよね。
ビジネスマインドが強かった嫁入り当初の私は、「あなた次第」なお寺の世界に戸惑いを感じた事もあり
むしろ「定価」を決めたらいいのにと思っていました。

でもそれは、私の大きな勘違いでした。

「これはいくらですか?」
「これは〇〇円です。」
こんな風にすぐに答えが返ってくるのが、今の世の中。
分からない事があればインターネットで検索すればすぐに解決する。そんな世の中。
「自分で考え、自分で答えを出す。そしてそのことに責任を持つ」
そういった機会は、どんどん減ってきているように思います。

そんな中、見返りを求めず無償で施す。
疑問を抱くこともなく当たり前に出来る当山のお檀家さん達は、
本当に素晴らしいなぁと、心から思うのです。

私も「ちょっとでも損したくない!」とか「これだけ費やしたのだから、結果が出て当たり前」
などという卑しい気持ちを忘れるため、
毎日精進しなくてはと思う、坊守3年目の冬なのでした。


 


2018.02.15 無償の心

早いもので2月も中旬に差し掛かりました。
今年の2月はやっぱり寒いですよねぇ。
私は極度の冷え性なので、毎年冬になると天然湯たんぽの副住職にうっとおしいぐらいにまとわりつくのですが(笑
そろそろ代謝や血液循環など体の事を考え、
つい最近、ホットヨガを始めたんです。

全国展開をしている大手のヨガ教室なので
色々とルールや複雑なシステムが存在しており、
正しく理解するために何度も質問をしているうちに、
結婚前に英会話スクールで働いていた時の事を久々に思い出しました。

人はお金を払えば、必ず「費用対効果の高さ」を求めますよね。
例えば高級なレストランに行けば、それだけ美味しいお食事を期待する。
英会話スクールに通い始めれば、必ず英語が喋れるようになると期待する。
お金を払う対象が目に見える商品であっても未来の自分への投資であっても、
「見返りを求める」のが当たり前です。
そして同時に「損をしたくない」という気持ちも働きます。
私のヨガ教室での質問攻めも、「正しく理解する事で損をしないようにしよう」という心から来ているのだと思います。

でも、この概念が存在しない世界がある事に、私は気づきました!
そう、お気づきの通り、「仏教の世界」です。

 私のこの気づき、詳しくはまた次回、書かせていただきます。
皆さん、体に気を付けて毎日をお過ごしくださいね。


2018.01.04 今年もよろしくお願いいたします!

2018年最初のつぶやきです!
今日から仕事始めの方も多いのではないかと思いますが、
皆さん良い年末年始を過ごされましたか?

私は以前もお伝えした通り祖母が年末に他界したため
服喪中の年越しでしたが、昨年と変わらずお寺で過ごしました。

毎年「この一年は〇〇な一年だった」と振り返り思えるよう過ごしたいと思うのですが、
昨年はとにかく「命」について考える、そんな一年だったと思います。
7月に姪っ子が生まれ、12月に祖母が他界。
更には自身も妊活中という事もあり、これほどまで「命」について考えたことはなかったのでは
というほど。
良い、一年を過ごせたと思います。

今年は戌年。私は年女です(笑。
どんな一年になるのか。きっと嬉しい事も悲しい事もあると思います。
しかし、どんな時も頂いたこの命を大切にしていけたらと思います。

今年も色々な事にチャレンジしていけたらと思いますので
未熟者の私ですが、何卒よろしくお願いいたします!
 


2017.12.27 また会う日まで。

早いもので今年も残すところあと5日。
今年も色々な事がありました。

先週の月曜、祖母が亡くなりました。
94歳でした。
私含む、子供達や孫達に見守られ、穏やかに旅立ちました。

祖母は私がお寺に嫁いだ事を誰よりも喜び、そして最期まで心配していました。
「愛ちゃん、ちゃんとやっていけている?檀家さん達とも仲良くしなさいよ。色々と教えてもらいなさいよ」
会うたびの、祖母の口癖でした。

一度もお寺に来ることがなかった祖母にとって、
想像するだけの日々は不安だったのだと思います。
しかし、通夜・葬儀に義理の両親や総代・婦人会長の皆さんがお参りくださった事で
少しだけ、安心してもらえたと信じています。

 祖母の最期の瞬間や通夜・葬儀では涙が溢れましたが、
必ずまた会えるのでさほど寂しくはありません。
次にまた会う時まで、私も祖母のように、強くたくましく可愛らしく
そして「愛ちゃん、幸せだったね。良かったね」と言ってもらえるように、一生懸命生きていきたいと、心から思います。

来年はどんな一年になるでしょうか。
大切に大切に、楽しく時間を過ごしていけたら
幸せですね^^
 


2017.12.01 2017年最後の勉強会

12月ですね!
いよいよ今年も残すところあと1ヶ月となりました。
今年の冬は例年に比べて寒いみたいですので、体調に気を付けてくださいね。

さて、私は先日今年最後の「寺庭婦人勉強会」に参加してきました!
前回から約半年経った後の勉強会だったので、久々に頭をぐるぐる働かせました(笑。

今回のお勉強会でもやはりたくさんの事を学びましたが、
特に印象かったのはお釈迦さまが霊鷲山で法華経を説かれた時のエピソードです。

お釈迦さまがお弟子さん方に教えを説かれている時の事、
突然『宝塔』と呼ばれるロケットのような塔から「多宝如来」という仏さまが出現
説法を聞いていたお弟子さんに向かって
「お釈迦さまが説かれている事は真実だ!」
と証明されたんだそうです。
そしてご自分の右側の席をお釈迦さまに譲り、
教えを説くお釈迦さまの横で真理性を証明されたそうです
(ちなみに、そのお釈迦さまと多宝如来を乗せた宝塔は
一度上空へ行き、「虚空」と呼ばれる空間で教えを説かれたそうです。)

その光景を想像してみると、まさにファンタジーの世界!
心の奥底では「そんな事ってあり得る??」と思わなくもないですが、
目に見えないことを疑うのではなく、「そういうものなんだ」と
スッと飲み込む事が、仏さまの教えを理解する近道なのではと
思う私なのでした。
 



Copyright © 海宝山 妙乗寺. All rights reserved.